光が丘歯科矯正歯科 矯正歯科の種類のご案内光が丘歯科矯正歯科 矯正歯科の種類のご案内。歯並び・歯列矯正、治療の種類のご案内です。

矯正歯科

光が丘歯科矯正歯科は歯列矯正に自信があります。

今まで歯ならびや口もとを気にして、ずっとお悩みではありませんでしたか?「キレイな歯ならび」で「美しい笑顔」になるために一歩踏み出した前向きなあなたを、光が丘歯科矯正歯科は全力でサポートいたします。矯正歯科治療は多くの場合、年単位のお付き合いになります。私たちはコミュニケーションを大切にし、治療の全ての過程において十分な説明を心がけています。

光が丘歯科矯正歯科は初回相談費用0円。お気軽にご相談ください。

矯正の安心ポイント

安心ポイント1
安心ポイント2
安心ポイント3
安心ポイント4

当院の矯正歯科治療における診療メニュー

子どもの矯正(小児矯正)
子どもの矯正治療 詳細はコチラ

お子様の健康な未来のために、子供の頃だからこそできる矯正治療があります。痛みの少ない取り外しも可能な早期矯正をご希望の方へ。

大人の矯正(成人矯正)
大人の矯正治療 詳細はコチラ

目立たない矯正をしたい。できるだけ短期間で矯正をしたい・・・など。当矯正歯科は経験豊富な専門医が、最高水準で皆様の様々なご要望にお応えします。

透明なマウスピース矯正(取り外し式装置)
マウスピース矯正 詳細はコチラ

人目を気にせず歯並びを良くしたい、矯正したい方へ。
取り外し可能で清潔に保てる透明なマウスピースで、最新の見えない矯正治療を提供します。

舌側矯正治療(歯の裏側矯正)
舌側矯正治療 詳細はコチラ

舌側矯正治療は、歯の裏側に小さな矯正装置を取り付けるため、外見を気にする必要がなく、これまでの不快な制約を解消した矯正歯科治療です。

子どもの矯正(小児矯正)について

子どもの矯正治療(小児矯正)について

小児矯正はいつから治療を開始したら良いのか?
ご両親はとても心配されることだと思います。

当院の矯正治療において、子どもの矯正開始に適正な時期は、年齢によっておよそ下記のような目安を考えております。

3歳~7歳
この時期はあごの骨格の形成時期です。
受け口の子どもは、あごの骨格に原因がある場合がほとんどですので、この時期にはご相談されることをおススメします。

7歳~12歳
永久歯が生えてくる時期で、矯正治療に適した時期だと考えられています。

12歳~
ほとんどの歯が永久歯に生えそろってくる時期で、全体的な歯並びの矯正をすることが多いです。


小児矯正の開始時期は、子どもの症状によって様々ですので、一概に上記の年齢が当てはまるとは限りません。
子どもの成長はもちろん個人差がありますが、例えば受け口の子どもの場合はあごの骨格に原因がある場合が多く、3歳くらいから矯正治療を開始した方が良いケースもあります。
あごの骨格はおよそ3歳から7歳の時期に形成されます。
この時期は永久歯に生え変わらない乳歯の時期なので様子をみることが多いのですが、あごの骨は一旦形成されてしまうと、矯正するのが非常に困難になります。
そのため受け口のお子さんや、上顎と下顎の咬み合わせがずれているなど、骨格に原因がある場合は早期治療を行うことで下あごの前方成長を抑える治療により悪化を防ぐことができます。
健診で受け口を指摘されたり、受け口なのではと感じたら、子供の成長期だからこそできる痛みのない早期の治療がありますので、当医院スタッフやお電話などお気軽にお問い合わせください。

また、受け口ではないが、叢生(乱ぐい歯)が気になる方の治療の開始時期として、一般的な年齢の目安は8歳~9歳ぐらいとなります。大人の歯はおよそ6歳前後から生え始めます。前歯4本と奥歯2本が生えてきて歯並びに不正がある場合は治療開始の目安となります。前歯が生え変わってなければ治療には早すぎますし、すべて永久歯になってしまっては遅すぎます。
それぞれのお子さんに適切な治療開始時期がありますので、お子様の歯並びに少しでも不安を抱えていらっしゃる親御様は是非一度早めにご相談ください。
当歯科医院では、多くの症例を経験した矯正専門歯科医が、患者様一人一人のお口の症状に合わせて設計した矯正装置を作成します。

歯並びや噛み合わせが悪いと万病のもとになると言われています。美味しく食べ物を食べられる健康で綺麗な歯並びを与えて上げてください。

大人の矯正(成人矯正)

子どもの矯正治療(小児矯正)について

当歯科医院の成人矯正には様々な矯正の種類があり、多くの治療効果が期待できます。

治療効果として
・歯並びが綺麗になり、外見の美しさと
 正しい咬み合わせを得られる
・美味しく食べられるようになる
・虫歯や歯周病、口臭などの予防になる
・歯と歯ぐきのアンチエイジングと健康の維持が期待できる
・フェイスラインが整った健康で美しい口元になる
・歯の機能の回復と共に滑舌もよくなる


進学や就職、ご結婚、心身の健康のためなど、大人になってから歯並びが気になる方もたくさんいらっしゃいます。
大人の矯正治療は選択肢も多く、様々な治療方法があります。
・歯の表面に矯正装置を取り付ける方法(この方法にもバリエーションがあります)
・歯の裏側につける方法
・部分的に矯正する方法
・歯に取り付けずに、取り外しが可能な透明なマウスピースで矯正する方法


矯正装置が目立つのが嫌だと思われる方にも、今は目立たない装置もいろいろあります。あきらめずに、歯の見た目の美しさはもとより、心身の健康のためにも、健康で美しい歯並びをおススメします。
気にされている方は、無料相談を行っておりますので是非一度、お気軽にご来院ください。

透明なマウスピース矯正(取り外し式装置)
舌側矯正(歯の裏側矯正)

見えない矯正
光が丘歯科矯正歯科の見えない矯正とは?
マウスピース型インビザライン

透明なマウスピース矯正は、ご自身で装置の取り外しができます。一般的な矯正で使うワイヤーは使用しませんので目立ちません。

従来のワイヤー矯正とマウスピース型インビザラインの見た目の違い

透明なので目立ちません

透明なマウスピース型ですので、周りに気づかれることなく治療を続けることができます。

簡単に取り外し可能


日常生活の中で、簡単に取り外しができますので、歯みがきやお食事も問題なくできます。

金属による悩みも解消

透明なマウスピース矯正は金属アレルギーを引き起こす心配がないことも人気のポイントです。

詳しく見る
歯の裏側(舌側)矯正 システム stb

最新で超小型のため、話しやすく・食べやすく・歯磨きがしやすくなりました。ワイヤーの力も弱いので痛みも軽減するなど、これまでの不快な制約を解消した見えない裏側からの矯正装置です。

今までのおよそ1/10の弱い力により、「痛みが少なく」「より速く歯が移動」します。

1.薄くて小さく、全体的に丸みを帯びたデザインになったことにより、患者様の舌感が良好に改善されました。
2.装置が小さいことにより、噛みにくい・話しにくいなどの不快感が解消しました。

裏側なので見えません

歯の裏側(舌側矯正)に装置を装着するため外から見えない。舌側矯正の最大の特長です。

日常生活が快適

非常に小さく薄い歯科矯正装置ですので話しやすく食べやすくなりました。 また、丸みを帯びたデザインにより、歯磨きしやすく舌感が快適になりました。

従来より速く歯が移動

今までのおよそ1/10の弱い力により、「痛みが少なく」「より速く歯が移動」します。

詳しく見る
光が丘歯科矯正歯科は初回相談費用0円。お気軽にご相談ください。

光が丘歯科矯正歯科の矯正治療の流れ図

診療の流れ
光が丘歯科矯正歯科では、患者様との綿密なカウンセリングを通じて、長期間の矯正治療スケジュールを作成します。患者様のライフスタイルやご要望に可能な限り合わせることで、日々の生活へのご負担が、なるべく少ない方法を一緒に見いだしていきます。