光が丘歯科矯正歯科 矯正歯科の種類のご案内光が丘歯科矯正歯科 矯正歯科の種類のご案内。インプラントのご案内です。

矯正歯科

矯正用アンカースクリュー(インプラント)

矯正装置 インプラント

インプラント」とは、一般的には歯が抜けた場所に自分の歯の代わりに人工歯根を埋め込む治療のことを指します。しかし、矯正歯科治療で使用するインプラントは、この人工歯根としてのインプラントとは異なります。インプラント矯正は、通常のワイヤーによる矯正歯科治療に加えて、歯を動かすための固定源として矯正歯科用のインプラントを顎の骨に埋入する治療方法です。

インプラント画像1
インプラント画像2

インプラント(ミニスクリュー)を歯の周囲の骨に埋入して、これを固定源に歯を動かすことで、 これまでは手術でしか出来なかった歯の移動や治療期間の大幅な短縮が可能になりました。 インプラント(ミニスクリュー)は、一時的に顎骨へ埋入しますが、矯正治療終了後は除去します。 また、埋め込むインプラントはアレルギー反応のでにくいチタン合金(生体との親和性が高い材質)で できており、金属アレルギーのある方でも安心して治療を受けることができます。